足首を温めると冷え性に効果的!!

寒くなってくると、足元の冷えが気になってきますね。

就寝時は足が冷たくて寝付けないという悩みを持つ女性も多くいます。

そこで、足首を温めて今日から冷え予防をしませんか?

足首を温めて得られる効果をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

足首を温めると得られる効果

 

Free-Photos / Pixabay

一年中冷え性に悩まれている女性も多くいます。

その冷えをほったらかしにしておくと、デメリットだらけです。

足首を温めるを、健康にも美容にも良いことだらけです♪

血行が良くなり代謝が上がる

冷え性は脂肪が燃焼されにくく、痩せにくいといった代謝の悪い身体になってしまいます。

血行が良くなることで老廃物が排出されやすくなります。

肌荒れや肌のくすみを解消

足首が冷えることによって、全身の血行が悪くなります。

そうなるとお肌にまで影響を及ぼします。

老廃物も排出されにくくなるので、お肌のくすみが目立つようになってきます。

月経トラブル解消

冷え性を改善することで、ホルモンバランスが整います。

子宮周りが冷えてくることで、月経不順・月経痛・月経前症候群などを引き起こす可能性もあります。

足首を温める方法

annca / Pixabay

 

足首は冷えやすい場所でもありますが、逆に温めやすい場所でもあります。

内側からも外側からもしっかり温めてケアしていきましょう!!

足湯や半身浴で温める

手っ取り早く行いたいなら、足湯がおすすめです。

足首まで浸からせられるなら、洗面器でも大丈夫です。

40℃くらいのお湯を洗面器に張り、足首まで浸かります。

専用のアロマを使うと、より効果的でしょう。

寝るときは湯たんぽを使用する

寝るときに足首を締め付けるような靴下を履くと、その締め付けで逆に血行が悪くなり冷えの原因になります。

そこで使用したいのが湯たんぽ。

湯たんぽを使うと足全体が温まります。

レッグウォーマーを履く

冷えが酷いときはレッグウォーマーで温めましょう。

靴下と比較して、レッグウォーマーは締め付けがないので血行を妨げにくいです。

特に室内ならレッグウォーマーを履く習慣を身につけてみてはいかがでしょうか。

足のストレッチをする

適度に筋肉を動かすことで、血行が良くなります。

特に下半身は意識して筋肉を動かさないと、血液の流れが悪くなるばかりでなく、リンパの流れも悪くなってしまいます。

一時間に一回は足首を良く動かしてみましょう。

コメント