中高生におすすめ!!初心者でも簡単にできるメイク方法☆

中高生くらいの年齢になると『そろそろメイクをしてみたいな・・・』と思いませんか?

メイクをしてみたいけど何から始めていいのか分からないし、何を揃えればいいのか分からない・・・

そんな悩みを持つ中高生の女の子の為に、今日から簡単にできるメイク方法を伝授していきます♡

スポンサーリンク

10代はナチュラルメイクで充分

jplenio / Pixabay

 

10代のうちはお肌がとっても綺麗なので、ファンデーションなどを使わなくても大丈夫です。

また、派手なメイクをしてしまうと年齢に見合わなくなります。

「メイクしてるのかな?」と思われるくらいのナチュラルさで充分可愛くなれます。

 

ナチュラルメイクの基礎

kinkate / Pixabay

 

ベースメイク

ナチュラルメイクをする前は、スキンケアをきちんと行いましょう。

女子中高生のきれいでみずみずしいお肌には、ファンデーションは必要ありません。

ですが、日焼け対策はきちんと行っておく必要があります。

顔のベースとなるベースメイクアイテムに必要な、化粧下地・BBクリーム・日焼け止めを用意しましょう。全て揃える必要はなく、どれか一つあれば充分です。

ニキビなどの肌トラブルのある個所は雑菌が繁殖しやすいため、何もしない方が良いでしょう。

どうしても気になる場合は、コンシーラーなどで隠す手段もありますが、10代の肌でコンシーラーはおすすめできません。

余計にニキビが増える原因にもなってしまうので控えましょう。

 

アイシャドウ

ナチュラルメイクをするなら、目元はやっぱりブラウンがおすすめです。

どんな肌色でも馴染みやすいブラウンは、目元を大きく見せる効果もあります。

アイシャドウは全体に薄い色を乗せ、目じりなどの際の部分には締め色として濃い色を選びましょう。

中高生なら締め色がなくても充分可愛らしく仕上がりますが、目元にインパクトを与えたい場合は締め色を使うといいでしょう。

 

アイシャドウを選ぶポイントは、同系色のパレットを選ぶか、単色のアイシャドウを選ぶと失敗しずらくなります。

 

リップ

 

色付きのリップクリームなら、とってもナチュラルに唇の血色感を出してくれます。

出典 ニベア ナチュラルカラーリップ ブライトアップアプリコットピンク

 

唇の保湿もでき、唇に血色感を出してくれるので一石二鳥なアイテムです♪

中高生が背伸びしてリップやティントを使ってしまうと、唇お化けになってしまうこともあります(^^;

 

 

眉毛をきちんと整えているなら、ブラシで毛の向きを整えてあげるだけで充分です。

眉を描きたい人は、ペンシルよりもパウダーの方がとってもナチュラルに仕上げられます。

濃い色を眉尻に、薄い色を眉頭にすることがポイントです。

「描いてます!!」という眉毛にならないよう、パウダーの量を調節したり、手のひらで一度粉を馴染ませてから描くといいでしょう。

コメント